背中の毛穴に皮脂が詰まったら?

MENU

背中の毛穴に皮脂が詰まったら?

 

実は背中は毛穴に皮脂がつまりやすい場所です。
と言うのは顔のTゾーンと同じように、背中にもTゾーンがあって、その部分は顔のTゾーンと同じように皮脂の分泌が活発な部分です。

 

両肩を結ぶ横のラインと背骨に沿った縦のラインが背中のTゾーンです。
この部分は他の部分と比べて皮脂の分泌が盛んなので特に毛穴に皮脂がつまりやすい場所です。

 

皮脂が毛穴に詰まったまま放置していると黒ずみ毛穴になったり、ニキビの原因になったりします。
背中に触れてみてザラザラした感触があれば毛穴に皮脂が詰まっています。
早めに対処するようにしましょう。

背中の皮脂つまりを予防するには?

一番大切な事は常に清潔にし、お肌が乾燥しないように保湿に注意することです。
日常の生活では汗をかいたら、できるだけ早めに洗い流しましょう。
汗は時間が経つと雑菌が繁殖する原因になります。
また、入浴時のシャンプーやリンスの洗い残しには特に注意が必要です。
シャンプーやリンスがお肌を刺激し、乾燥する原因になります。
また、紫外線はお肌に活性酸素を発生させ、お肌のバリア機能を低下させます。
外に出る時のUV対策にも注意しましょう。
いずれにしても背中は知らない間に乾燥しがちな場所です。
こまめな保湿ケアを忘れないようにする必要がありますね。
【参考】 背中専用 保湿ジェル

背中の皮脂詰まりを改善するには?

ボディ洗浄

まずは丁寧なボディ洗浄がとても効果的です。
クレイが含まれているボディソープを使うのも良いでしょう。
おすすめカオリン、ガッスール、ベントナイトなどが配合されている物です。
超微粒子のクレイは滑らかで気持ちよく毛穴に詰まった古い角質を吸着してくれます。
また、界面活性剤が使われているボディーソープと違い、皮脂を落としすぎる事もないのでお肌の乾燥を防ぐ効果も期待できます。
毛穴の汚れを落とすには毛穴を開かせてから洗うと効果的です。
少し浴槽につかって、毛穴が開いてから上記のボディーソープを利用すると良いでしょう。

保湿

お肌は乾燥すると毛穴の周りの角質が固くなり、皮脂が詰まりやすくなります。
しっかりと保湿ケアすることが大切です。
毛穴の皮脂を取ろうとしてゴシゴシ洗うとお肌が痛み、バリア機能が低下します。
その結果、乾燥するのでかえって皮脂がつまるという悪循環になる可能性があります。
保湿ケアをする事で毛穴の回りが柔らかくなれば、結果的に毛穴に皮脂がつまりにくくなります。

背中エステもおすすめ

背中ケアは自分一人で行うのはとても難しいものです。
そこでおすすめなのが背中エステです。
自分ではなかなか思うようにできないケアもプロの施術なら一段と高い効果を実感する事ができるでしょう。
特にウェディングドレスなどを着る前のブライダルエステは特に人気ですね。

 

【参考】 医師が開発した背中専用エステ

毛穴の皮脂を改善する人気アイテムランキング

日本で1番売れているホットクレンジングです。
顔に広げるとポカポカ暖かくなる新しい感覚のクレンジング。
お肌を温めることで毛穴を広げ、お肌に負担をかけず、角栓除去しやすくします。
また、カプセル化されたパパイン酵素が角質を柔らかくし、オリーブオイルとメドウフォーム油が汚れを溶かすので、毛穴の汚れを根こそぎ絡め取ってくれます。
着色料や合成香料、エタノール、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤などは無添加です。


⇒ マナラ ホットクレンジングゲル 公式ページ
カリフォルニア発のドクターズコスメ。
国際特許を取得している浸透力が特徴です。
美肌成分を超微小のカプセルに包み込み、お肌の奥深くまで浸透させ、じっくりととどめ続けます。
その為に他のブランドでは実現しない驚異的な持続力を発揮します。
パッケージや広告に費用をかけていないので口コミで広がったのも特徴です。
7日間のトライアルセットが365日間返金保証で試すことができます。


⇒ b.glen(ビーグレン) 毛穴ケアプログラム(化粧品) 公式ページ
角栓の原因であるタンパク質を溶かしてくれる天然のパパイン酵素が配合されている洗顔料。
天然サンゴの微粒子がマイナスイオンを発生させ、汚れを吸着、お肌に負担をかけず、毛穴の汚れや余分な皮脂をしっかりと洗い流してくれます。
ターンオーバーの乱れを整え、皮脂の詰まりを改善してくれるので、美容液の効果を高めてくれるのが特徴。
完全無添加なので敏感肌の方でも安心です。


⇒ アルファピニ28美容液クレンジング 公式ページ